妙高高原温泉郷

赤倉温泉、新赤倉温泉、池の平温泉、妙高温泉、杉野沢温泉、燕温泉、関温泉という7つの温泉地からなる妙高高原温泉郷。
国内有数の豪雪地帯でもあり、市街地を見守るようにそびえ立つ火打山や妙高山の登山ルートには、
7月半ばまで残雪が見られるほどです。また標高1300メートルに位置する笹ヶ峰牧場、
森林セラピーロードにも認定されている夢見平遊歩道では、ハイキングを楽しむこともできます。
上杉謙信ゆかりの地であり、食文化の面でも当時の香りを今に伝えています。
戦の際、笹に飯を盛ったことが起源とされる「笹ずし」や、
伝統的な辛味発酵調味料「かんずり」は、現在も妙高市内で作られ、郷土食の伝統を受け継いでいます。

妙高・山里の湯宿香風館

料理名

妙高スキー汁(豚汁)
かんずり添え

食材

豚肉・根菜・越後味噌・かんずり

ストーリー

上越 妙高地域の冬季間 昔からよく食された豚汁は当地域の名物になっています。スキーの後の冷えた体を温めてくれる豚汁はいつの日からかスキー汁と呼ばれるようになりました。うまみがたっぷりの越後もち豚に冬の根菜をたっぷり入れた味噌汁を鍋仕立てにしてあります。かんずりはその辛さとこく味でさらに美味しさを増してくれます。

赤倉ホテル

料理名

野沢菜の粕汁

食材

酒粕・野沢菜

ストーリー

米どころであり酒蔵を多く有している妙高では、粕汁を一般的に食べられています。体を温かくする効果のある酒粕を雪深く、冬の長い妙高の人々が食すようになったのは必然でした。さらに特徴的なのは長野県と県境に面している妙高ならではの具材、野沢菜漬けを用いていることです。野沢菜の粕汁はこの地域の伝統の食文化の一つです。

お宿ふるや

料理名

妙高笹箕寿しと
妙高のっぺ

食材

笹箕寿し:椎茸・サバ缶・味噌漬
のっぺ:里芋・蓮根・人参・蒟蒻・鶏肉・季節の野菜

ストーリー

妙高笹箕寿しは笹の葉を箕の形にした中に、寿し飯を入れ具材をのせた妙高の郷土料理です。笹の葉は防腐効果があり上杉謙信が携帯食として戦に持参したと言われており、今はお祝いやお祭りの時に振る舞われるようになりました。妙高のっぺは秋の収穫を祝った料理で、お正月やおめでたい時に振る舞われた郷土料理です。

ホテル太閤

料理名

太閤殿下野菜汁

食材

地場産浮麹味噌と朝採れ野菜

ストーリー

地場産「浮麹味噌」は協力農家から毎朝届けられる野菜をふんだんに使い、素材の旨味を大切に活かした一品をご用意しています。

ホテルアルペンブリック

料理名

熱々お鍋フェア
(信越最大級約100種バイキング90分制)

食材

豚肉・鶏肉・白菜・長ネギ・長野産きのこ(しめじ・えのき)・他、バイキング食材(日本海産紅ズワイガニ・海老など)

ストーリー

新潟・長野の県境に位置する「妙高高原」は日本有数の豪雪地域です。
雪深い妙高高原にあるホテルアルペンブリック「タトラ館」ではあたたかい季節フェアを開催しています。妙高特産の「かんずり」を入れたお鍋の味は格別で、心も体も温まります。100種バイキング料理と熱々お鍋を存分にご堪能ください。【熱々お鍋フェア】期間:2019/12/14~2020/3/29 ※3/30~【山菜フェア】山菜の天ぷら・惣菜・たけのこ汁など

空飛ブウサギ

料理名

日本海の旬の食材で手巻き寿司!&妙高名物かんずり汁

食材

日本海でとれたお刺身

ストーリー

海外の人に日本の文化を知ってほしい!との思いで始めた手巻き寿司。お寿司は食べたことあるけれど、自分で作って食べるのは初めてということで大人気のメニューとなっております。また、かんずりというのは妙高の特産物で唐辛子を雪の下に寝かせて熟成させた香辛料です。そのかんずりを使うと、お味噌汁の風味が一段と引き立てられ、正に絶品!是非ご賞味ください。

エリア一覧