大湯温泉・栃尾又温泉・魚沼市・吉田

大湯温泉や栃尾又温泉のある魚沼市は、福島県と群馬県の県境に接し、西を魚沼丘陵、
東を三国山脈に挟まれた魚沼盆地の北側にあります。夏は高温多湿、冬は3メートルもの積雪がある豪雪地帯です。
こうした地形や気象条件が、トップクラスのブランド米「魚沼産コシヒカリ」を育みます。
また、市の中心部を流れる魚野川と、その支流である破間川や羽根川、
大湯温泉と栃尾又温泉の近くを流れる佐梨川など、清流の美しさも魅力です。
魚沼市全体では12の温泉地が点在し、いずれも山あいの秘湯といった風情が漂います。
その中でも最も大きな大湯温泉は、開湯1300年という県内屈指の歴史を誇ります。

友家ホテル

料理名

レンコンでつくったトウフ

食材

県産レンコン 主に五泉産

ストーリー

昔から当館の献立には豆腐料理が必ず一品あり、定番のざる豆腐や峰岡豆腐、ゴマ豆腐など多くの豆腐レパートリーがある中で、特に人気のひと品がこのレンコンでつくったトウフ。季節ごとや日々の献立の中でよりご満足いただけるメニューを開発する際に、れんこんのしんじょうから発想を変化させ出来た一品です。よりもっちりした食感を追い求めたところ五泉のレンコンに辿りつきました。当館自慢の出汁によく合う晩ごはんです。

自在館

料理名

現代湯治食 一汁四菜

食材

日替わりです

ストーリー

栃尾又温泉は昔からの湯治場としてお客様に親しまれてきました。懐石料理やコース料理が主流の昨今ですが、野菜を中心とした一汁四菜の定食スタイルが基本になります。お客様の大多数が1週間ほどの連泊をされます。皆様、1日中温泉に湯治をされ、心と体に休養を与えます。したがって、食事も健康づくりのための一つの大切なポイントです。懐石料理やコース料理ではカロリーオーバーや塩分過多となってしまいますので、1週間、毎日召し上がってもお腹が疲れず、栄養補給をしていただける食事を心がけています。連泊するお客様に合わせてお献立も毎日変えているため、決まった食材というものはありません。季節と宿泊者様の泊数に応じて変動します。敢えて言うなれば、発酵食品、麹や乳製品、温泉で作った納豆など、胃や調に良いとされる食材を意識して使います。

宝巌堂

料理名

ばあばのごった煮

食材

里芋、人参、大根、あづま揚げ、打ち豆、味噌
ほぼすべて魚沼野菜と新潟県の素材です。

ストーリー

東京から魚沼に嫁いだ女将は結婚当初まったく料理ができないと言っていいくらいの腕前。
ばあばの台所仕事を一緒にするうちにだんだんと料理が楽しくなってきました。
東京から魚沼へ戻ってきた当初は、宝巌堂の料理は全部手作りでしたが、やっぱり旅館料理といった感じで、美味しい野菜は陰の存在でした。
その中で野菜大好きの女将が’これ美味しい!’と思ったのがまさに
’ばあばのごった煮’
材料は里芋、人参、大根、あづま揚げ、キノコ、そして大事なものは’打ち豆’です。
味付けは、美味しい出汁と味噌のみ。
みりんや砂糖などは入れません。
なのに出来上がりは野菜のまろやかさが味噌と合わさってまさに、ばあちゃんの味。
私が作るようになったとき、主人が味見をして一言。
’味が若いな。。。’
そう、これは、年季の入ったばあちゃんが、ことことと、落ち着いてじっくり煮ることで、その優しさも伝わる、魚沼の味なんですね。
今は女将が作る’ばあば’の味。
もう若いとは言わせませんよ!

民宿旅館源次郎

料理名

自家産 魚沼コシヒカリのご飯と郷土料理

食材

魚沼コシヒカリ、豚肉や山菜

ストーリー

自家産の魚沼コシヒカリのご飯と地元産にじます、豚肉や山菜など季節の食材を使った素朴な郷土料理を提供します。

エリア一覧