佐渡地区

島の面積は約855平方キロメートル、海岸線は約280キロメートルある日本海側最大の島、佐渡島。
その歴史は古く、2万年前〜1万7000年前頃の遺跡も発掘されています。
金銀が産出されたことから、江戸時代は徳川幕府によって天領とされ、大がかりな開発が行われました。
また、大阪と北海道を結ぶ経済動脈である北前船の重要な中継点としても発展。
商人や船乗りが持ち込んだ町人文化、流人が京から持ち込んだ貴族文化、
そして金山の開発にともない多くの役人や技術者が持ち込んだ文化が佐渡に流入しました。
北陸や西日本の影響も大きく、新潟県の中でも独特な文化や方言、伝統芸能が息づいています。

湖畔の宿吉田家

料理名

牡蠣の陶板焼き

食材

加茂湖産 牡蠣

ストーリー

新潟県内最大の湖である加茂湖は日本海とつながっており、大佐渡、小佐渡の山並みより注ぐ、ミネラル分豊富な天然水の影響で柿の栄養の好適地です。昭和の初期より垂下式の養殖を始めた加茂湖の牡蠣は、今でも佐渡を代表する名産です。当館の‟牡蠣の陶板焼き”は牡蠣殻のふちに独自の合わせ味噌をつけて、野菜と一緒に陶板鍋で蒸し焼きにして、召し上がっていただく逸品です。

佐渡グリーンホテルきらく

料理名

佐渡産コシヒカリ 蛸の釜飯

食材

佐渡産コシヒカリ、タコ

ストーリー

佐渡産のコシヒカリと佐渡の荒海から水揚げされたタコをぶつ切りにし、特製の出汁を使い釜飯で提供いたします。

SADO二ツ亀ビューホテル

料理名

サザエの壺焼き

食材

サザエ

ストーリー

当地の海岸ではサザエが豊富に収穫され季節によっては波打ち際の足元でサザエを獲ることができます。今は出来ませんが、昔の子供達は海岸で焚火をし、泳いで獲ったサザエを焼いて食べていました。サザエにはビタミンやアミノ酸のタウリンの含有量が多く、また、アルギンも魚介類の中でも特に多く含まれた健康食材です。

両津やまきホテル

料理名

冬の佐渡の贅沢三点

食材

おけさ柿の干し柿、紅ズワイ蟹、寒ブリ

ストーリー

・おけさ柿・・・佐渡のブランド柿「おけさ柿」。生の柿より甘く、幅広く愛されているが、歴史は意外にも新しく、約100年前にでき、佐渡の代表的な特産品となりました。
・紅ズワイ蟹・・・通常ズワイ蟹は200~600mの海にいるのに対し、紅ズワイ蟹は500~2,500mの深海におり、その分水圧により身がしまります。みぞれあえに使う大根も冬に採れたもので甘く、酢と良く合います。
・佐渡の寒ブリ・・・11月中旬頃「雪おこし」と呼ばれる雷が鳴りだす頃、ブリは北方から南下し佐渡両津湾内におります。佐渡ではこの雷を「鰤おこし」と呼び、ブリは佐渡の漁師に迎えられます。

ホテル万長

料理名

ホテル万長オリジナル イカ墨釜飯

食材

佐渡産コシヒカリ 具材として佐渡沖マイカ、佐渡産山菜各種など(季節により変動)

ストーリー

佐渡産コシヒカリを使用したオリジナルメニューとして約15年前よりご提供を開始し、その後改良を重ねつつ、当館の看板メニューとなりました。出汁と烏賊の肝(墨)が生み出す深いコクと旨味、香ばしいご飯のおこげ、炊き上がり後に薬味を入れてお召し上がり頂くのもおすすめです。烏賊墨釜飯の具材は季節ごとに、烏賊、貝、山菜、野菜など佐渡の食材を使用し、四季を通じてお楽しみいただける、当館おすすめの晩ごはんです。

国際佐渡観光ホテル八幡館

料理名

佐渡島豚の蒸籠蒸し

食材

佐渡島豚

ストーリー

ブリティッシュバークシャーという種類の黒豚で体に白い部分が六ヶ所あるため、六白豚とも呼ばれています。子豚は生後六ヶ月頃から放牧場に出され、出荷までの期間を自由に遊ばせる放し飼いで育ちます。柔らかな肉質と、とろける甘みの脂身を佐渡産の季節の野菜と併せて蒸し上げることで、さっぱりと頂けます。

ホテル大佐渡

料理名

烏賊のごろた焼き

食材

烏賊・野菜・味噌・バター・烏賊肝

ストーリー

江戸時代初め、車で10分くらいの姫津地区に石見の漁師が住み着き、今まで佐渡にはない方法で魚を獲りました。彼らの子孫は今でも烏賊釣り船で漁をしております。佐渡沖で獲れた烏賊と季節の野菜を烏賊の肝いり味噌だれで炊き合わせた漁師料理をご賞味ください。

Ryokan 浦 島

料理名

佐渡島黒豚のロースト

食材

佐渡島黒豚

ストーリー

佐渡島の雄大な自然の中で放牧することで、ストレスなく育つ島黒豚。当館では飼育と野菜づくりを連携して行い、環境負荷に配慮した循環型農業を推進しています。飼料には佐渡産のお米、酒粕、海藻なども使用。脂身はクセがなく、甘みとコクのある良質な肉質をじっくりとローストすることで旨味を凝縮しました。

エリア一覧