えちごせきかわ温泉郷

新潟県の北部に位置する関川村は、総面積の実に87.5%が山林という、ダイナミックな自然が残る地域です。
飯豊連峰や朝日連峰に囲まれた盆地で、一級河川の荒川沿いには5つの温泉地が連なります。
高瀬温泉、鷹の巣温泉、雲母(きら)温泉、湯沢(ゆさわ)温泉、そして桂の関温泉。
それぞれに荒川の渓谷美を堪能できたり、ノスタルジックな街並みを散策できたりと、個性も豊かです。
きのこや山菜、川魚など自然の恵みがもたらす食材も豊富で、素朴ながらも味わい深い田舎料理を楽しめます。
歴史的には、米沢街道の要所としても栄えた関川村。
昔ながらの風情ある町並みを楽しみたい方、歴史散策が好きな方にもおすすめです。

光兎の宿あらかわ荘

料理名

里芋饅頭

食材

関川産帛乙女

ストーリー

当関川村では以前より、野猿等の畑作被害に悩まされておりました。今でも、特に秋から冬にかけて山の食べ物が少なくなる時期には、人里に降りてくる野生動物たちから甚大な被害を受けております。そんな中、里芋だけは不思議と被害が無く!当村では里芋作りが盛んになりました。本家五泉の帛乙女にも勝るとも劣らない見事な里芋で、海の幸をくるみ熱々の餡をかけて提供いたします。

エリア一覧