よもぎひら温泉

平和への想いをつなぐ「長岡花火」で全国的にも有名な長岡市。
新潟県で2番目に大きな都市で、縄文土器も発掘されている歴史ロマンのある街です。
戦国時代には上杉謙信や直江兼続、幕末には河井継之助や
「米百俵の精神」を提唱した小林虎三郎など、多くの偉人にゆかりのある土地でもあります。
そんな長岡市の中心部から南東へ車で25分ほど走ると、「越後の奥座敷」と呼ばれる静かな温泉地にたどり着きます。
市街地から大自然に抱かれたよもぎ平温泉へ、道中いつの間にか景色が一変するのも楽しみの一つです。
三方を山々に囲まれた盆地の眺めと、渓流のせせらぎ。よもぎ平温泉では、ゆっくりと時間が流れていくようです。

よもぎひら温泉 和泉屋

料理名

雪室熟成黄金豚の大和煮 里芋土垂れ餡掛け
(ゆきむろじゅくせいこがねぶたのやまとに さといもどだれあんがけ)

食材

雪室熟成黄金豚(ゆきむろじゅくせいこがねぶた)、土垂芋(どだれいも)

ストーリー

雪室熟成黄金豚は、脂のうまさが特徴の新潟県産のブランドポーク「越乃黄金豚(こしのこがねぶた)」を雪室で熟成させ、肉のうまみを凝縮させた雪国新潟ならではの食材です。その豚肉を焼酎で2時間かけて蒸し、余分な脂と臭みのとれたさっぱりとした角煮にしました。そこへ粘りの強い長岡産の里芋「土垂芋(どだれいも)」を使ったソースを合わせました。柔らかくしっとりとした味わいの角煮は、新潟の地酒にもよく合う一品です。

蓬莱館福引屋

料理名

新米釜炊きごはんと桜めし

食材

大根の味噌漬

ストーリー

大根の味噌漬をみじん切にし、ご飯にまぶしたものを桜の花に例えて桜めしと呼んでおり、司馬遼太郎の小説「峠」の主人公河合継之助の好物の一つでした。優雅なネーミングと質素なメニューのギャップには幕末武士の質素剛健(質実剛健)の精神が秘められている様な気がします。発酵醸造の長岡を代表する柳醸造による長岡武士の好んだ味をお召し上がりください。

花の宿 よもやま舘

料理名

山菜しゃぶしゃぶ

食材

山菜各種

ストーリー

山の恵みの山菜を、旬の魚または、新潟和牛や越後豚と一緒に春を感じながら召し上がっていただきます。山菜は昔から雪深い寒さ厳しいこの地に冬季が明けたことをここに住む者に知らせる、自然の生産者からいただく大切な素材です。

エリア一覧