湯田上温泉

湯田上温泉のある田上町は、森や田園が広がる中に、ゆったりと信濃川が流れる自然豊かな地域です。
桃や梅、たけのこなどの特産品にも恵まれています。
そんな田上町と隣の五泉市にまたがる護摩堂山は、古くから町の人や登山客に愛される名所。
その中腹から新潟平野を見下ろすように、湯田上温泉の宿は点在します。
開湯は元文3(1738)年と大変古く、当時は「薬師の湯」とも呼ばれていたそうです。
ところで、新潟にはかつて1000ヘクタール以上を有する大地主が複数いました。田上町の田巻家(原田巻家)もその一つで、
現存する離れ屋敷「椿寿荘」は見学も可能。ヒノキ造りの重厚な寺院様式の建築と、見事な庭園をご覧ください

ホテル小柳

料理名

漬け煮菜

食材

田上産 体菜

ストーリー

冬期の間、体菜の塩漬けが欠かせない食材だったため、この「体菜」の塩漬けの作業は新潟の秋の風物詩のようなものでした。体菜の塩漬けは冬場の山間地に不足しがちなビタミン類や繊維質を補ってくれる最高の発酵食です。

エリア一覧