南魚沼郡・湯沢温泉

湯沢温泉のある湯沢町は、県内最大規模を誇るリゾートエリアです。
秋は紅葉の彩りに囲まれ、冬は14ものスキー場を有する一大ウインターリゾートに。
上越新幹線や関越自動車道があり、首都圏からのアクセスも抜群です。
温泉の歴史は古く、平安末期に源泉が発見され、江戸時代には三国街道の宿場町として発展しました。
1937年に刊行された川端康成の代表作『雪国』の舞台としても知られています。
温泉街の中にある歴史民俗資料館、その名も「雪国館」には『雪国』をテーマに描かれた日本画が展示されています。
また、「宿場の湯」「街道の湯」「岩の湯」「駒子の湯」「山の湯」などの立ち寄り湯が点在し、
温泉三昧の旅にもおすすめです。

ホテル双葉

料理名

田舎鍋

食材

そば粉ベースの鍋、イモ、人参、地鶏など

ストーリー

双葉オリジナルのそば粉をベースにした鍋です。地元の野菜や地鶏を使用したおすすめ鍋です。

雪国の宿高半

料理名

 

食材

 

ストーリー

 

和みのお宿滝乃湯

料理名

 

食材

 

ストーリー

 

音羽屋旅館

料理名

 

食材

 

ストーリー

 

越後湯澤HATAGO 井仙

※画像はイメージです。

料理名

雪国ガストロノミーコース

食材

郷土野菜、山菜、きのこ、地魚、米、にいがた和牛、日本海鮮魚など

ストーリー

雪国の人々は、雪と共生して生活をしています。
春には、雪から割って芽吹いた香り高い山菜を食し、夏には雪解けの綺麗な水で育った夏野菜、秋にはきのこ、そして冬は春から秋にかけて採れた食材の保存食を食べて長い冬を乗り越えます。 私たちは、この雪国の日常、暮らし方といった雪国の知恵をお料理を通して皆様にお伝えしております。
現代に合わせてアレンジを加えた雪国ガストロノミーのコース料理をどうぞお楽しみくださいませ。

越後のお宿いなもと

料理名

主水汁(もんどじる)

食材

車麩、山菜、きのこ、大根、人参、越後もち豚 など

ストーリー

戦国時代(越後上杉軍)、いざ戦となると、大釜で飯を炊き山海の珍味を振る舞ったという言い伝えがあります。湯沢にある出城の城主・樋口主水助が主水汁と名付けた、地元の野菜、山菜、きのこ、車麩、今は豚肉、鶏肉など根菜を醤油味で椀で夕食に提供しています。いなもと名物料理です。

越後湯沢温泉 さくら亭

料理名

 

食材

 

ストーリー

 

エリア一覧